『インターネットは永遠にリアル社会を超えられない』/古谷経衡

本書は著述家、評論家である古谷経衡氏が「インターネットは世論を反映している」という、社会に蔓延っている世界観を様々な事例を基に検証し、否定している書である。 インターネット上の声や反応を、「氷山の一角」ととらえるのは間違いであるとし、「亀の甲羅」ととらえているところは非常に面白い例えであった。 取り…