Craft Garden

1993年生まれのゆとり世代の僕が、アニメや映画、読んだ本の感想や、社会に対する不満などを書いてます。

『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-DC』を観てきた

※この記事はネタバレを含みます

 

公開初日に観て参りました。

『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-DC』

f:id:taro1563:20150202004711j:plain

『蒼き鋼のアルペジオ』はヤングキングアワーズで連載中のSF海洋戦記漫画です。

2013年10月からアニメ化され放送されていました。

どんなあらすじかというと

「21世紀初頭、人類は温暖化の影響により地上での版図を大きく失った。そこへ突然、世界各地へ霧と共に謎の超兵器を搭載した第二次世界大戦時の軍艦群が出現。意思を持ち、“霧の艦隊”と呼ばれるその軍艦群に人類は敗北を喫し、制海権を失って海上に出られなくなった。17年後、士官候補生の千早群像とその仲間達は、人類側についた“霧の艦隊”の潜水艦・イ401に乗り込んで、その艦のメンタルモデルであるイオナと共に“霧の艦隊”と戦う。」(ウィキペディアより)

 

ちなみに僕は原作の方は読んでおりませんw

近いうちに読もうと思っております。

 

劇場版の内容はというとテレビ放映されたアニメの総集編+新編の組み合わせ。

しかし映画館の大画面での迫力ある戦闘シーンは鳥肌もの。本当にかっこいい。

しかもフルCGながらCGっぽさを感じさせない。

だけど総集編とかなくてもよかったんじゃないのという勢いでいろいろ飛ばして新編が102分の内50分くらはあったかな?w

戦艦大和が爆発しながら沈みゆくシーンから始まるのですが、そこから興奮してましたw

 

一つ惜しいと思った所が、新編の方で、米国で出現した敵のフレッチャー級駆逐艦軽巡洋艦と呼んでしまったところ。脚本ミスなのだろうか。細かい所ではあるけど実に惜しい。なんという凡ミス。。。

しかし初めて旧日本海軍以外の艦艇が出てきて僕の心は非常に燃えておりました。

新編の戦艦比叡との戦闘シーンも凄かった。かっこよかったなー。非常に出来がよく満足しております。

僕が大好きな三森すずこさんがCVをやってる新キャラの巡洋艦足柄のメンタルモデルが出てきたが終了3分前くらいww

「早く戦争しようよっ!」というセリフだけでしたw

どうやら足柄さんは続編で主に登場するみたいですね。大好きな作品に大好きな声優さんが出るっていいものですねぇ・・・

エンドロールでのナノの曲でもまた燃えるし、最初から最後まで燃えっぱなしで、見終わった後もしばらくは余韻に浸っておりました。個人的にフレッチャー級駆逐艦のこと以外は文句のつけようのない出来でした。

 

続編は10月3日ということで待ち遠しいです。次は三森さんの声もたくさん聞けるだろうし。

上映終了まであと2、3回は行きたいなぁ・・・