Craft Garden

1993年生まれのゆとり世代の僕が、アニメや映画、読んだ本の感想や、社会に対する不満などを書いてます。

「ハチロク世代の逆襲」~右と左のトライブ化~

youtu.be

右と左の対立の問題。

僕は保守を自称しているんだけど、憲法改正とかそういう保守的な課題に賛同している反面、日本では主に左の方々が主張したり取り組んだりしているような脱原発に賛同していたり(段階的廃炉なんか生ぬるい!即刻全て廃炉してしまえ!と思ってるくらいw)、貧困問題をもっとどうにかしないといけないんじゃないのと思ってるんだよね。

だからなのかわかんないけど、右からは左と言われ、左からは右と言われww(もうみんな敵状態)

別に右とか左とかどうでもよくて、互いにいい部分を補完していくしかないと思ってるわけ。だから考えが違う人の本を読んだりするっていうのは非常に大事だと思ってるのよ。だって読んでみないとわかんないじゃん。それで新しく発見できることだってあると思うし、やっぱり違うなと思えば批判すればいいし。

だけど今は右も左も意見が少しでも違えば叩きあってしまう。右も左もまずトップに立ってるような人がそんな感じじゃん。某チャンネルチェリーブロッサムのウォータアイランド社長とかまさにそんな感じだけどさ。なんかね。

 

右からは左と言われ、左からは右と言われるくらいが丁度いいのかもね。

オルテガの云うような国家観を持った真のエリートのような存在がいたらなぁ・・・