Craft Garden

1993年生まれのゆとり世代の僕が、アニメや映画、読んだ本の感想や、社会に対する不満などを書いてます。

男の僕が山Pこと山下智久の握手会に参加したときの話

山下智久といえば、山Pという愛称で愛され、誰もが認めるであろう超絶イケメンです。

僕は男ですが、美女よりも美男を見るのが好きで(決してゲイではない)昔から山下くんのファンで、現在もCDを買ったりコンサートに足を運んだりしています。
自分のおこずかいで初めて買ったCDは中学一年のときに買った山Pの「抱いてセニョリータ」です。(それまで嵐は買ってもらってた)


そんなわけで僕は山Pのファンなわけなんですが、2012年にリリースされた「LOVE CHASE」の握手会を含むイベントに当選して参加したことがあります。
当然男なんかほとんどおらず、付き添いで来たかのような感じで参加しておりました。(毎回ファン仲間と参加しているのが本当に救い)

イベント内容というのは何曲か歌ったりトークだったり抽選会だったりというごく普通の内容。
そしてイベント終了後に握手をして会場を後にするのですが、握手したとき僕は思いました。

「同じ人間ではないと」

あまりの美しさに同じ人間ではないと思いました。
正直な話、女性よりも顔が綺麗。
僕はいろんな女性アイドルも生で見てきましたが、女性アイドルよりも全然顔が綺麗。なんというか別次元。
今まで生でみてきた芸能人の中で女性も含めて綺麗でしたね…

しかしあそこまでの超絶イケメンが本当にこの世に存在しているとは今でも信じられないわけです。
今でもコンサートに参加しても、あのステージに立っているのは本当に人間なのかと思うことがあります。


しかし本当に綺麗だったなぁ…