Craft Garden

1993年生まれのゆとり世代の僕が、アニメや映画、読んだ本の感想や、社会に対する不満などを書いてます。

続・劇場版『Wake Up,Girls! 青春の影』を見てきた

※当記事はネタバレを含みます

これまで当ブログではアニメ『Wake Up,Girls!』のことを取り上げて参りましたましたが、

taro1563.hatenablog.com
taro1563.hatenablog.com

今回はテレビシリーズの続編である続・劇場版『Wake Up,Girls! 青春の影』を見てきましたので感想を。


この新劇場の前編ですが大変素晴らしかったです。あまりに良すぎたのでエンドロールでニヤリとしている自分がいました(笑)

簡単にストーリーを説明すると、Wake Up, Girls!がbvex(あっちの世界のavex)のアイドルとして仙台から東京に進出してCDデビューをするという話。


続・劇場版 前篇 「Wake Up, Girls! 青春の影」 予告映像 - YouTube


東京で活動を始めたWake Up,Girls!は凄腕音楽プロデューサーの早坂相が手掛け、アイドルの祭典でも披露した『7 Girls War』を発売しヒット。

7 Girls War

7 Girls War

  • Wake Up, Girls!
  • アニメ
  • ¥250

東京でのレギュラー番組も決まり、東京での活動は順調のように思えましたが、メンバーは少し浮かれ気味。
2枚目のシングル『素顔でKISS ME』は早坂プロデューサーは関わらず売り上げはあまり伸びずにノルマである3万枚を売るために手売りを始めることに。

素顔でKISS ME

素顔でKISS ME

  • Wake Up, Girls!
  • アニメ
  • ¥250

この手売りをしている様が完全に地下アイドル。

CDを手売りしていくうちにメンバーはWake Up,Girls!らしさとは何なのだろうかと考え始めるわけです。
東京での活動に浮かれて、Wake Up,Girls!らしさというのを忘れてたんですね。
それを考え出してメンバーと話し合っているところに早坂さんが登場して、また開催されることが決まったアイドルの祭典に出場することを勧め、『少女交響曲』の音源をメンバーに預けて前編は終了。

少女交響曲

少女交響曲

  • Wake Up, Girls!
  • アニメ
  • ¥250


東京での活動の厳しさというのがよく描かれていたと思います。特にアイドル業界なんてのは本当に恐ろしいところですしねw
最後の公園でメンバーが話合っているシーンはなんだかWake Up,Girls!の田舎臭さが出ていてすごく良かった。このグループの良いところってやっぱり田舎臭い感じが出てるところだと思うんですよね(笑)少し危なっかしいところもww
本当に彼女たちがこの現実世界のアイドルではないことが悔やまれる…

しかしアイドルオタクとして、アニメの中の世界のアイドルだけどWake Up,Girls!は本当に推せる。僕のアイドルの理想型が完成してる。中の人達にはあまり関心はないんですけどねww

この劇場版は僕の中で100点満点中95点ですね。
作画もテレビシリーズとは違って凄く綺麗だったし、単純に本当に面白かった。
残りの5点はよっぴーがなんで髪を切ったのかということについての説明がなかったこと!これだけ!
よっぴーがなんで髪を切ったのかの説明だけはして欲しかった。
アイドルが髪を切るなんてある意味大事件なわけです。しかもロングからばっさりとショートにするなんて。
その一大事件の経緯をすっ飛ばすしたのがちょっと惜しかったなぁ。アニメオタクではなくアイドルオタクである僕がみるとこんな見方になるわけです(笑)
個人的によっぴーはロングの方が好きでした←

ただ以前のエントリーで「ラブライブがAKBだとしたらWUGはハロプロ」と書いたんですが、今思えば少し違う気がしてきました。
なんかWake Up,Girls!Wake Up,Girls!なんですよね。

12月に公開される後編も期待しています!

劇場版Wake Up, Girls!青春の影*初回限定盤   [Blu-ray]

劇場版Wake Up, Girls!青春の影*初回限定盤   [Blu-ray]