Craft Garden

1993年生まれのゆとり世代の僕が、アニメや映画、読んだ本の感想や、社会に対する不満などを書いてます。

『乃木若葉は勇者である』第3話を読み終えての感想【ネタバレ含む】


※この記事はネタバレを含みます


電撃G'smagazine 11月号』の『乃木若葉は勇者である』第3話「開花」を読み終えましたので感想を。
1話、2話の感想も以前にエントリーしていますので興味がありましたらご覧くださいませ。

taro1563.hatenablog.com
taro1563.hatenablog.com



3話はようやくバーテックスとの戦闘が始まりました。
若葉たちが勇者になってからの初陣であります。
スマホのアプリをタップして変身していく勇者たち。

バーテックスを前に動けなくなる杏。そりゃそうよ。あんなわけのわからん化け物と戦えと言われても無理な話さww

しかし若葉は先頭に立ち、次々とバーテックスを斬っていく。若葉姐さんかっこよすぎて本当に園子の祖先なのかと疑ってしまうのだが…

そして友奈が完全に結城友奈(笑)変身後の戦装束も武器も。そして性格や発する言葉も全く同じと言っていい。
結城友奈たちのその後を描いた「二冊目の勇者御記」で、若葉の写真を見て言葉を失っていた結城友奈はやはり高嶋友奈の生まれ変わり?なんだか高嶋友奈は結城友奈の祖先ではなさそう。
結城友奈の世界の話も「二冊目の勇者御記」を読んだ感じだとまだ続きそうなのでどんな展開になるのか楽しみですね。



あとは「大社」ってバーテックス対策組織だったんですね。大本営みたいなものかしら(全然違うかw)
なんか「大社」ってなんなのかよくわからない存在でしたけど3話でははっきりとバーテックス対策組織と記述されています。


まぁでも3話は割と普通に話が進んだだけでこれといって何か新しいものはなかったかな。勇者たちが初陣でバーテックスを殲滅したーくらいで。

しかしイラストの若葉かっこいいな…
もう若葉のことめちゃくちゃ好きです(笑)

4話も楽しみです!