Craft Garden

1993年生まれのゆとり世代の僕が、アニメや映画、読んだ本の感想や、社会に対する不満などを書いてます。

『乃木若葉は勇者である』第5話を読み終えての感想【ネタバレ含む】

※この記事はネタバレを含みます


『電撃G'smagazine』1月号の『乃木若葉は勇者である』を読み終えたので感想を。今回は第5話「双葉」です。
4話までの感想も興味ありましたらどうぞ。

taro1563.hatenablog.com
taro1563.hatenablog.com
taro1563.hatenablog.com
taro1563.hatenablog.com


5話は球子と杏がメインのお話。前回の4話が千景メインのお話だったので、各登場人物にスポットを当てていってる感じ。球子と杏が二人一緒に語られるのは恐らく仲が良いからでしょう。この二人の場合は一人ずつやるよりも二人一緒にスポットを当てた方が確かに良い気がします。

球子と杏が授業の空き時間にイヤホンをお互いの片耳ずつに掛けて、音楽を聴いているシーンから始まります。聴いてる曲は球子が好きなロックバンドの曲。それとは対称的に杏は静かなラブソングが好きらしい。
球子は活発的なアウトドア派で、あまり女の子らしくないのに対して、杏は恋愛小説や少女小説が好きな女の子らしい女の子。
この正反対な二人が最初に出会ったのはバーテックスが初めて襲来した日まで遡ります。バーテックスを前に動けなくなっている杏を球子が救い出したのが最初の出会いとのこと。それ以来この二人は趣味は正反対だけど仲が良いらしい。

今回のバーテックスとの戦いも球子と杏が中心です。
若葉がスマホのマップで侵入してきたバーテックスの数を確認すると、100体強。その中に1体だけ他のバーテックスよりも圧倒的にスピードが速く二足歩行で突進してくるバーテックスが。多分『結城友奈は勇者である』の5話と8話でも登場したジェミニ・バーテックスだと思います。

その二足歩行のバーテックスに最高級讃岐うどんを投げる球子。最高級讃岐うどんに反応して隙ができると考えたみたい。
しかしうどんには目もくれず通りすぎるバーテックスに、勇者全員に戦慄が走る。若葉はうどんに反応を示さないことに怒っていて、友奈はうどんを無視され悲しい様子。バーテックスとの戦闘中だというのにかなり緩いwww

このバーテックスとの戦いで球子は左肩を脱臼して負傷するも、杏と協力して消滅させることに成功。他のバーテックスは若葉たちが全て消滅させ、今回も死者は出ていません。

話の終わりはバーテックスに投げた最高級讃岐うどんを回収して釜揚げうどんにして、左肩を脱臼している球子に杏がうどんを食べさせてあげているシーンで5話は完結。

今回はかなり百合要素が強い回でしたw
なんだか最近はあまり残酷な話はないですね。まぁこれから救いようがない話になっていくんだろうな…