Craft Garden

1993年生まれのゆとり世代の僕が、アニメや映画、読んだ本の感想や、社会に対する不満などを書いてます。

『シン・ゴジラ』がとにかく面白い(ネタバレ注意!)

先月末から公開されている庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』がとにかく面白すぎる!
もうすでに2回見てきました。

この『シン・ゴジラ』は何を話してもネタバレになってしまう作品ですので、なるべくネタバレにならない範囲で。


僕が見てきたゼロ年代以降の邦画では一番面白いと思える作品でした。

エヴァンゲリオンのファンである僕は「庵野マジでゴジラより先にエヴァ終わらせろよ!」と思っていたのですが、今となっては「ゴジラやってくれてありがとう!」と手のひら返し状態なのであります。



この『シン・ゴジラ』は明らかに東北の震災を前提にしていて「災害としてのゴジラ」が描かれています。

また怪獣映画であるのですが、政治ドラマでもあります。

現代の日本にゴジラが現れたらどうなるのかということで、現代の科学技術を凌ぐような兵器は出てこず、自衛隊や米軍の兵器でゴジラに立ち向かっていくのが凄くいい。

宇宙大作戦のテーマ」をBGMに、無人在来線爆弾がゴジラに向かって走っていくシーンは今年No.1の激アツシーン。
ヤシオリ作戦の一連のシーンを見ていると庵野監督はこういうことをやりたかったんだろうなぁと。

そして最後の異様なシーン。
いろんなところで様々な考察や捉え方がなされていますが、僕はゴジラは人間になろうとしたのではないかと捉えました。
自分よりも強い人間という存在に進化しようとした。僕はこう捉えました。


しかし庵野監督は本当に大傑作を世に送り出してくれたものです。


この調子でエヴァンゲリオンもお願いしたい(笑)






シン・ゴジラ音楽集

シン・ゴジラ音楽集

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ