Craft Garden

1993年生まれのゆとり世代の僕が、アニメや映画、読んだ本の感想や、社会に対する不満などを書いてます。

【映画の感想】『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』/酷評の嵐!肯定派にも否定派にも賛同できない

f:id:taro1563:20170820221244j:plain

岩井俊二氏のドラマ作品が原作のアニメで、公開前から非常に話題になっている作品です。

制作がシャフトで、新房昭之監督という『魔法少女まどか☆マギカ』のコンビとしても話題になってます。


「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」予告3


ストーリーは以下コピペ。

夏休み、とある海辺の町。花火大会をまえに、
「打ち上げ花火は横からみたら丸いのか?平べったいのか?」
で盛り上がるクラスメイト。そんななか、典道が想いを寄せるなずなは母親の再婚が決まり転校することになった。
「かけおち、しよ」
なずなは典道を誘い、町から逃げ出そうとするのだが、母親に連れ戻されてしまう。それを見ているだけで助けられなかった典道。
「もしもあのとき俺が…」
なずなを救えなかった典道は、もどかしさからなずなが海で拾った不思議な玉を投げつける。すると、いつのまにか、連れ戻される前まで時間が巻き戻されていた…。何度も繰り返される一日の果てに、なずなと典道がたどり着く運命は?


「結局子供ってのは大人に対しては無力だよね」ってことを思わせられた作品でした。

ただ僕はアニメとして面白いとは思えませんでした。

別にアニメにしなくてもよかったんじゃない?という感じ。

ネット上でも酷評の嵐で、肯定的に捉えている人が本当に少ない。

だけど僕はネット上でよく見る肯定的な意見にも否定的な意見にもあまり賛同できないのです。

文学的でも考察系でもない

f:id:taro1563:20170820222843j:plain

肯定的な意見としてよく見るのが「文学的」という意見。

しかしそこまで高尚なものとは思えませんでした。

また「考察系」という意見もなんか違うような気がして、話自体は子供にとって都合の良い想像の世界の話で、非常に単純で分かりやすくて特別考察なんて必要ないのでは?と感じました。


なぜ第二の『君の名は。』を期待するのか

f:id:taro1563:20170820224506j:plain

否定的な意見として多いのが、「話の内容がない」とか「話の意味が分からない」とか「主役の二人の演技がKUSO」とか「『君の名は。』みたいなのと思ってた」とかそういう類のもです。

しかし先に書いたように、話は非常に単純で分かりやすいものだと僕は思いました。

「主役の二人の演技がKUSO」というのはまぁ公開前から否定的な意見が多くて、確実に言われるだろうとは思っていたけど、僕は別にここは気にしてないです。

ジブリ作品や『この世界の片隅に』のように作品自体が面白ければそこまで声優の演技は気にならない人間のなので(笑)

あとは『君の名は。』みたいな感動ものを期待して行ったけど全然違ったというやつ。

これは予告とか宣伝の仕方が悪かったっていうのもあるんだろうけど、「違う作品に同じようなものを期待するのはやめようよ!」と僕は言いたい(笑)

元々そういう話ではないしねww

否定的な意見にもあまり賛同できないけど僕は単純にアニメとして面白いと思えなかったのでこっち側の人間なんですけどねww

打ち上げ花火は不発だった

f:id:taro1563:20170820230121j:plain

結果として感想を見る限りだと不発に終わってしまいそうな作品になりそうです。

制作側は宣伝なんかにもかなり力を入れていて、興行の方も期待していたようですが、期待してる程にはならないのかなと思います。

あとは確実に『君の名は。』と比べられることは避けられなさそうですし。

でもやっぱり面白くなかったな(笑)